トップページ > 色選び

自分に合った色を選ぼう

ミネラルファンデーションに限らず、化粧品選びで特に大切なのが色選びです。

肌色には個人差があるため、自分の肌色にぴったり合ったカラーを選ばないと、白浮きしてしまったり、あるいは顔がくすんで見える原因となります。

色選びのコツは、自分の肌色より明るすぎず、暗すぎない色を選ぶことですが、色見本だけを見て選ぶのは困難です。

特にパソコンの画面は機種や画素数によって色合いが微妙に異なって見える可能性があるので、ミネラルファンデーションを選ぶ時は、店頭などに置いてあるテスターで実際にチェックすることをおすすめします。

ちなみに、ミネラルファンデーションの中には返金保証がもうけられている商品もありますので、色選びに自信がない方は上手に活用してみましょう。

色選びの方法

店頭などでテスターを試す場合は、手の甲につける方が多いのですが、できれば実際に顔につけて試すのがベストです。

色選びで最も失敗しやすいのは、顔と首の色が違いすぎて浮いてしまうことなので、テスターはフェイスラインにつけ、首とのカラーバランスをしっかりチェックしましょう。

首と顔の色がもともと違うという方は、顔の色ではなく、首の色に合わせてカラーを調整すると色浮きしません。

たとえば、顔よりも首の方が暗い場合は、首よりもさらにワントーン暗い色を。顔よりも首の方が明るい場合は、首よりもワントーン明るい色を選ぶとうまくなじみます。

肌色に合った色選び

ミネラルファンデーションのカラーは、メーカーによっては10種類以上ラインナップされているものもあります。

しかし、基本的な色は『ピンク』『オークル』『ナチュラル』の3種類となっているので、まずは自分の肌色に合う色を3種類から選び、そこからさらに微調整すると良いでしょう。

ここでは、肌色とベースカラーの相性を紹介します。

色白

もとから色白の方は血色を良く見せるためにピンク系を選びがちです。

しかし、時間が経過すると徐々にファンデーションの色が浮いて見えることがあるので、ベースカラーはオークル系を選ぶとよいでしょう。

健康的な日焼け肌

少し日焼けした健康的な肌色の方は、オークル系が一番なじみやすいのですが、やはり時間経過とともにくすんで見える傾向にあります。

そのため、血色を良くするために、ピンク系を混ぜるとくすみを解消することができます。

最初にオークル系をなじませ、その上からピンク系を重ねてみてもよいでしょう。

黄味がかった肌

こちらもオークルを選んでしまいがちですが、健康的な肌色に見せたい場合は、ピンク系がベストです。

黄味がかった肌にオークルを合わせてしまうと、時間とともに黒ずんできてしまいますが、ピンクを選ぶことで華やかさを演出することができます。

標準色

白くも黄味がかってもいない標準色の方はナチュラルカラーが定番です。

しかし、ピンクやベージュを合わせると、透明感のあるすっきりした肌色に仕上がります。

オンリーミネラル

ナチュラルなのに驚きのカバー力。 オールインワンファンデで手軽に美肌
www.onlyminerals.jp

etvos【エトヴォス】

肌に優しいミネラルファンデーション, セラミドスキンケアなら"エトヴォス"
etvos.com

ベアミネラル

このフィット感、もう手放せない! 安心の60日間返金保証付です
www.bareminerals.jp