トップページ > 成分

ミネラルファンデーションの成分

ミネラルファンデーションはその名の通り、天然鉱物由来のミネラルを原料として採用しています。

一般的なファンデーションに使用されているオイルやタール系色素、着色料、防腐剤など、余計な化学物質を一切使用していないので、毛穴つまりやアレルギーを起こしにくく、肌にやさしい仕様となっています。

原料として使われるミネラルはいろいろありますが、代表的なものは色素として使われる酸化鉄や、紫外線をブロックする酸化亜鉛などが挙げられます。

ここではミネラルファンデーションに使われている主な成分を紹介します。

マイカ

花崗岩や雲母片岩を粉砕して作る鉱物の一種です。

結晶構造が特殊なシート状になっており、粉末にした場合、光沢を発することから、ミネラルファンデーションにおいてはベース素材として用いられています。

虹やシャボン玉のように、見る角度によってさまざまな色調を得られるので、肌の色や表情の美しさを引き立てるために使用されます。

酸化鉄

鉄の酸化物を粉末化したものです。

酸化度合いによってさまざまな色調になり、黄(黄酸化鉄)・赤(ベンガラ)・黒(黒酸化鉄)の3種類が使用されます。

昔から化粧品の着色顔料として使われてきた伝統的な成分で、それぞれの色合いは製造時の温度や濃度、pH値や粉末の粒子サイズによって変化します。

化粧品には3種類の酸化鉄がブレンド配合されており、ミネラルファンデーションをはじめ、アイシャドーの色つけに使用されています。

酸化亜鉛

白色の無機粉末のことで、主にメイクアップベースに使用されます。

酸化チタンに比べるとカバー力は半分程度ですが、安価なので多くの化粧品に多用されています。

また、酸化チタンほど強くはないものの、紫外線を拡散させるはたらきがあり、UVカット効果も期待することがあります。

他にも、肌を引き締める収れん作用があることから、ファンデーション以外に化粧水などに使われることが多くなっています。

酸化チタン

白色の無機粉末で、皮膚の凹凸をカバーする被覆力に長けていることから、メイクアップベースに使用されます。

以前は酸化チタンを塗りすぎると厚塗りになる傾向がありましたが、最近はナノテクノロジーを採用したり、粒子をバルーン状にするなど、軽量化の研究が進められています。

また、優れた紫外線散乱効果を持っていることから、日焼け止め化粧品に用いられることも多く、紫外線によるシワ・たるみ・シミ・くすみなどの発生を防いでくれます。

ただ、単価が高いので、酸化亜鉛とブレンドして使われることが多くなっています。

オンリーミネラル

ナチュラルなのに驚きのカバー力。 オールインワンファンデで手軽に美肌
www.onlyminerals.jp

etvos【エトヴォス】

肌に優しいミネラルファンデーション, セラミドスキンケアなら"エトヴォス"
etvos.com

ベアミネラル

このフィット感、もう手放せない! 安心の60日間返金保証付です
www.bareminerals.jp